家の劣化

寝室

築何十年ともなる家に住んでいると、気になるのが家の劣化、損傷などいろんなところに不具合が発生しやすくなる。そうなってくると修理、補修をはじめとしたリフォームが必要になると感じはじめる。いざ、リフォームと言ってもどうすればどんなところに頼めばいいのかと結構大変な作業になってしまうかもと思うのだ。しかし探せばいろいろたくさんの業者が参入していることにきずかされる。大手の住宅メーカーからリフォーム専門の業者、ホームセンター、個人でやっている工務店などいくらでもあるのである。その他「元大工さんとか電気屋さんとか」もやっている場合がある。それぞれの強み専門性などが違うのでそれを見極めることが重要そうである。

リフォームするといっても、いろんな状況がある。リフォームする場所、性格で変わってくる。商品内容、料金も重要。水回りは家のリフォームでは定番かと大切な個所で広告など案内はよく見かける。最近では、太陽光発電のソーラーパネルとか、バリアフリー、耐震への備えなんかが多いのではないだろうか。省エネは環境問題へ、バリアフリーは高齢化へのやさしい住まいへ、耐震は防災、減災への準備どれも無視できない。あと、老朽化した住まいの再生リフォーム、古民家再生などリフォームには無限にも思える種類がある。もう一つ気になるのが外回りの事、屋根、外壁、ガレージは家の印象をグッと変えてくれる場所である。リフォームの商品はいくらでもあり面白い。